• 堀川亜希子

昼寝の多さは自己責任ではなく遺伝? 昼寝と生活習慣病に関わる遺伝子を発見

昼寝という日常的かつ自己選択的だと思われている行動に遺伝子が関与していたという事実にも驚きを覚えた、見つかった遺伝子群の多くが生活習慣病やその原因となる睡眠障害の罹患リスクと関連していたのを知って“なるほど!”と膝を打つ思いであった。なぜなら、これまで疫学的事実として知られていた昼寝と生活習慣病リスクとの関係が単なる相関関係ではなく因果関係である可能性があるからだ。 休日の昼寝は心地よく、安らぎの時間と感じている方も多いと思う。ところが、昼寝好きが思わず眉をひそめてしまうような研究結果が次々と報告されている。例えば、昼寝の回数が多い、昼寝が長いことが将来的に高血圧や糖尿病、心臓病などの生活習慣病の発症や、ひいては死亡リスクの増大と関連する、などはその代表である。  昼寝はうつ病や認知症などの精神疾患とも関連している。「認知症と睡眠の切っても切れない関係」でも触れたが、日中の眠気の強さや昼寝の長さが認知症の発症リスクの高さと関連していることが繰り返し報告されており、最近では過去の数多くの報告を統合したメタ解析研究でもその関係性が再確認されている。

昼寝は15分程度の時間が最適だと言われています。眠らなくても目を閉じるだけでも効果があります。


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大村市玖島にOPEN

大村市2号点が玖島にOPEN予定です。 立地がとても良くて便利な場所です。 内覧可能になりましたらお知らせ致します!! 赤佐古の方は7月OPEN予定です。 見学も受け付けていますので、ご連絡ください。 今後もわおん長崎をよろしくお願い致します。